団体交渉、解雇問題などの使用者側の労務問題を愛知県名古屋市の経営側弁護士,社会保険労務士が解決!名古屋総合法律事務所へ

名古屋の弁護士による労務問題相談

052-231-2601 | 受付時間 平日 9:00~18:30

割増賃金(残業代)請求事件

割増賃金(残業代)請求

労働者の時間外労働に対して、労働基準法に基づく手当が支払われないというサービス残業が社会的問題となり、本来支払われるべき割増賃金(残業代)を請求する訴訟件数も増加傾向にあります。

割増賃金(残業代)請求事件における訴訟物は、(1)雇用契約に基づく賃金支払請求権(未払賃金の支払請求権)、(2)労働基準法114条に基づく付加金支払請求権、(3)債務不履行による損害賠償請求権(遅延損害金)です。

(1)雇用契約に基づく賃金支払請求権(未払賃金の支払請求権)は、労働者が時間外労働をしたことに対する対価として、当然に取得する賃金請求権(労働基準法11条)ですが、

(2)付加金請求権、(3)遅延損害金については、若干割増賃金(残業代)請求特有の問題があります。

(2)付加金支払請求

付加金とは

労働基準法114条は、「裁判所が、第20条(解雇予告手当)、第26条(休業手当)、若しくは第37条(割増賃金)の規定に違反した使用者又は第39条第6項(年休に対する賃金)の規定による賃金を支払わなかった使用者に対して、労働者の請求により、これらの規定により使用者が支払わなければならない金額についての未払金のほか、これと同一額の付加金の支払いを命ずることができる」と規定しています。

すなわち、付加金は、未払金とは別に、さらに同額のお金を労働者が請求できるという、使用者に対する一種の制裁金のような制度です。

同条は、付加金の請求期間を違反のあったときから2年以内と規定しており、これは、中断事由のない除斥期間と解されています。

付加金支払義務は裁判所の命令によって初めて発生し(最高裁昭和35年3月11日判例)、付加金付与の有無は裁判所の裁量に委ねられています。

付加金の金額についても、必ずしも未払金と「同一額」である必要はなく、裁判所は柔軟に減額することができるとされています(大阪地裁平成19年11月29日判例、東京地裁平成20年1月28日判例等)。

裁判所の判決によって生じるものですから、裁判所が命ずることのない、労働審判や調停手続きなどでは付加金の請求は認められていないことに注意が必要です。

付加金請求権は、通常の訴訟物とは異なり、付帯請求と解されています。

(3)遅延損害金

在職中、会社に対して割増賃金(残業代)請求をする場合には、原則年6分の利率における遅延損害金を付すことができます(商法514条)。

遅延損害金の始期は、賃金の支払時期の翌日となります。

退職後に割増賃金(残業代)を請求する場合には、賃金の支払い確保等に関する法6条に基づき、退職日の翌日から年14.6%の割合による遅延損害金を付すことができます。

遅延損害金の利率が異なりますので、どのタイミングで割増賃金(残業代)を請求するのか注意が必要です。

また、付加金の遅延損害金については、判決確定の日の翌日から民事法定利率(民法404条)である年5分の割合による遅延損害金を付すことができます(最高裁昭和50年7月17日判例)。

請求の趣旨

以上を踏まえると、割増賃金(残業代)請求における請求の趣旨はおよそ次のとおりとなります。

(在職中に請求する場合)

1. 被告は原告に対し、○円及び別紙割増賃金合計欄記載の各金員に対する各支払期日の翌日から支払い済まで年6分の割合による金員を支払え。

(退職後に請求する場合)

1'. 被告は、原告に対し、・円(未払賃金○円+各支払日の翌日から退職日まで各年6分の割合による遅延損害金)及びうち、○円(未払賃金)に対する平成・年・月・日(退職日の翌日、退職日の後に支払期日が到来する部分については当該支払期日の翌日)から支払い済みまで年14.6%の割合による金員を支払え。

2. 被告は、原告に対し、○円及びこれに対する本判決の確定の日の翌日から支払済まで年5分の割合による金員を支払え。

との判決及び第1項についての仮執行宣言を求める。

請求の原因

まず、原告となる労働者が、雇用契約の締結、雇用契約中の時間外労働に関する合意の内容、請求に対応する期間の時間外労働の提供(労働時間該当性及び労務提供の事実)について主張立証します。

もっとも、厚生労働省の通達「労働時間の適切な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準」(平成13年4月6日339号)等において、

労働基準法が、労働時間、休日、深夜業等について規制を設けている趣旨に照らして、使用者は、労働時間を適正に把握するなど労働時間を適切に監視する責務があるとしており、

実際の訴訟では、会社が原告の請求に対する会社側の具体的時間の管理状況について説明するよう求められ、それに対して労働者が反論していくという展開も多く、事実上、労働者側の労働時間の主張立証責任は軽減されています

抗弁

これに対して、被告となる使用者側は、

  • 法定労働時間制の適用除外(労働者は管理監督者である、機密取扱者である等)
  • 法廷労働時間制の特例(労働基準法40条等)
  • 変形労働時間制(同法32条の2等)
  • フレックスタイム制(同法32条の3)
  • 裁量労働のみなし時間制
  • 事業場外労働のみなし時間制
  • 割増賃金に対応する手当の支給(定額残業代)
  • 消滅時効(2年・同法115条)

等を主張・立証します。

訴訟の進行

割増賃金(残業代)請求事件においては、労働時間制、管理監督者制、割増賃金の計算の基礎となる賃金手当の範囲など、客観的事実というよりも評価が問題となることが多く、そのため比較的早期に客観的事実を確定すべく、次の書証の提出が求められます。

  • 労働条件に関する証拠として、雇用契約書、労働条件通知書、求人票・募集要項、就業規則・賃金規定、給与明細・源泉徴収票・賃金台帳
  • 勤務時の状況に関する証拠として、業務マニュアル、指示書、業務報告書
  • 労働時間に関する証拠として、タイムカード、業務日報、日記やメモ等

訴訟の迅速・適正・実行的解決のために、被告である会社側においても証拠の提出あるいは原告に対する任意開示が求められます。

和解による終了

割増賃金(残業代)請求事件においても、他の労働事件同様和解で終了する事案が大半です。

判決となると、当事者・裁判所双方にとって、手間や時間がかかり、主張立証責任等に依拠した硬直的結論となり、具体的妥当性に疑問が残ることも少なくありません。

他方、和解であれば、裁判官の心証に応じた割合的な金額を算定するなど具体的妥当性を追求した解決が可能となります。

また、個別労働紛争を解決する手続きでも言及した通り、割増賃金(残業代)請求において使用者側がまず考慮すべきは他の労働者への波及効果です。

和解となった場合には、秘匿条項(*)を入れるなど柔軟な解決が可能となりますので、敗訴リスクを回避する以上のメリットが使用者側にはあります。

和解条項案

  1. 被告は、原告に対し、本件解決金として金・円の支払い義務があることを認める。
  2. 被告は、原告に対し、前項の金員を・年・月・日限り、原告名義の・銀行・支店・普通預金口座(口座番号・)に振り込む方法により支払う。ただし、振込手数料は被告の負担とする。
  3. 被告が前項の金員の支払いを怠ったときは、被告は、原告に対し、第1項の金員に対する・年・月・日から支払済まで年6分の割合による遅延損害金を支払う。
  4. 原告と被告は、今後、相互に、本件紛争の存在及び本和解の内容を、みだりに、第三者に口外しないものとする。(*)
  5. 原告は、その余の請求を放棄する。
  6. 原告と被告は、原告と被告との間には、本和解条項に定めるほか、一切の債権債務がないことを確認する。
  7. 訴訟費用は各自の負担とする。

丸の内駅 徒歩2分 労務問題に関するトラブルは弁護士法人名古屋総合法律事務所へご相談ください。 052-231-2601 相談の流れはこちら 受付時間 : 平日 9:00~18:30 夜間相談(毎週火・水曜日) 17:00~21:00(最終受付20:00) 土曜相談(毎週土曜日) 9:30~17:00(最終受付16:00)

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!

 ◆ はじめての方へ  ◆ ご相談の流れ  ◆ 事務所紹介
 ◆ 弁護士・社労士等紹介  ◆ 料金・費用  ◆ アクセス

相談のご予約はこちら お気軽にご相談ください! 052-231-2601  受付時間 : 平日 9:00~18:30 お問い合わせはこちら

名古屋総合法律事務所のご紹介

労務問題教室

労務ブログ

労務チーム紹介バナー

事務所概要

【名古屋・丸の内本部事務所】
〒460-0002
名古屋市中区丸の内二丁目20番25号
丸の内STビル6階
地下鉄桜通線 丸の内駅の東改札より
徒歩2分

【岡崎事務所】
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字貴登野32-1
丸五ビル1階

相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00

TEL 052-231-2601 FAX 052-231-2602

アクセスはこちら

事務所外観

【名古屋本部事務所】

事務所外観

【岡崎事務所】

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、労務問題の取扱案件の対応エリアを、下記の地域に限らせて頂きます。
【取り扱いエリア】
愛知県西部 (名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))
愛知県中部 (豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

Copyright © 弁護士法人 名古屋総合法律事務所 All Rights Reserved.
運営管理:弁護士法人 名古屋総合法律事務所  所属:愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)

弁護士の法律相談・法務相談、司法書士の登記相談・登記手続一般 〒460-0002  名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL:052-231-2601 FAX:052-231-2602
■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産
■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)