団体交渉、解雇問題などの、使用者側の労務問題を弁護士が解決!団体交渉、労務問題なら名古屋総合法律事務所へ

弁護士法人 名古屋総合法律事務所

名古屋・丸の内事務所

地下鉄 鶴舞線・桜通線
丸の内駅4番出口徒歩2分

岡崎事務所

JR岡崎駅 徒歩8分

愛知県名古屋市の労務,労働問題の経営者側弁護士|名古屋総合法律務所

メニュー

問題社員への対応4~出勤不良~

問題社員として取り上げられる態様の一つとして、社員の出勤状況が不良であるというものが挙げられます。

有給消化や正当な理由がある場合に欠勤するものは別として、無断欠勤がある、欠勤の届出はあるが、その理由が疑わしいといったものが、ここでいう「問題」のある社員となります。

相談

会社がこのような社員を抱えている場合に、どのような対応をとることができるのか、あるいはとるべきなのでしょうか。

1 服務規律違反にあたるなら、懲戒

労基法の精神や裁判実務に則った労務管理を行っている会社であれば、通常就業規則が作成されています。

その中で「服務規律」と呼ばれる章を設けていると思われます。

面談

そして、その「服務規律」に反する行動が見られる労働者については、会社の秩序を維持することを趣旨として、これを懲戒事由として定めるとともに、懲戒の方法が併せて規定されます。

これを踏まえた基本的な流れとしては、

  1. 社内の就業規則を確認し、
  2. 当該社員にこれまで課された処分歴や当該欠勤の態様等を調査した結果、
  3. 懲戒事由に該当する場合には、いかなる懲戒処分をどのように課すべきかの検討をし、それを実行する

ということになります。

2 仕事をサボったという証拠はあるのか

パソコン

そのため、まずは、問題社員に対する事実の確認及び証拠収集が必要になります。

欠勤理由に関する調査として、本人から直接話を聞くことの他、他の社員からの事情聴取や本人のSNSを検索するといったことも考えられます。

このとき、ただ話を聞くだけでなく、それを書面の形に残し、証拠にすることを忘れてはいけません。

また、病欠を理由に欠勤が継続しているといった場合には、病院の診断書といった資料の提出を求めることも考えられます。

3 懲戒事由に該当する場合には、処分を検討する

このような調査を経た後、出勤不良が懲戒事由に該当することを確認した上、処分の検討に入ることになります。

ここで、会社からの注意、指導等の改善策を講じることなく、即座に減給や解雇のような比較的重めの懲戒処分を課すことも会社の自由です。

注意

実際問題として、出勤不良の問題社員に限ったことではありませんが、様々な経営者、使用者のお話を聞く中で、「すぐにでもクビにしたい」というご相談を多々受けます。

4 係争のリスクを回避し、指導するという選択肢も

しかしながら、この場合には、実務上団体交渉や労働審判、訴訟といった形で後になって争われる可能性が大いにありますので注意しなければなりません。

会社が当該社員へかけなければならない費用や時間等の労力も膨大なものになっていきます。

メモ

そのため、ケースバイケースではありますが、前記のような会社の負担をできるだけ抑えるためには、結局のところ、当該社員に対する粘り強い注意と指導を繰り返していくという姿勢を見せていくことが結果的に早期の解決に導くものといえます。

また、実際に何らかの処分を行う場合には、戒告、けん責といったより緩やかな懲戒処分から入り、問題社員の改善が見られない場合において、徐々に処分を重くすることが望ましいとされます。

労働者の権利意識が高まっている昨今ですので、経営者、使用者も抜かりない労務管理を講じる必要性は今後も益々高まっていくと考えられます。

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!

相談のご予約はこちら お気軽にご相談ください! 052-231-2601  受付時間 : 平日 9:00~18:30 お問い合わせはこちら

電話・オンライン相談はじめました

名古屋総合法律事務所のご紹介

労務問題教室

労務ブログ

労務チーム紹介バナー

サブコンテンツ

メインコンテンツ

事務所概要

【名古屋・丸の内事務所】
〒460-0002
名古屋市中区丸の内二丁目20番25号
メットライフ名古屋丸の内ビル6階(旧丸の内STビル)
地下鉄桜通線 丸の内駅の東改札より
徒歩2分

【岡崎事務所】
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字貴登野32-1
丸五ビル1階

相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00

TEL 052-231-2601 FAX 052-231-2602

アクセスはこちら

事務所外観

【名古屋事務所】

事務所外観

【岡崎事務所】

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、労務問題の取扱案件の対応エリアを、下記の地域に限らせて頂きます。
【取り扱いエリア】
愛知県西部 (名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))
愛知県中部 (豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

Copyright © 弁護士法人 名古屋総合法律事務所 All Rights Reserved.
運営管理:弁護士法人 名古屋総合法律事務所  所属:愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)

弁護士の法律相談・法務相談、司法書士の登記相談・登記手続一般 〒460-0002  名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 メットライフ名古屋丸の内ビル6階(旧丸の内STビル) TEL:052-231-2601 FAX:052-231-2602
■提供サービス…交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産
■主な対応エリア…愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)) 愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市, 大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町)) 三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町)) 三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市) 静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)