団体交渉、解雇問題などの、使用者側の労務問題を弁護士が解決!団体交渉、労務問題なら名古屋総合法律事務所へ

弁護士法人 名古屋総合法律事務所

名古屋・丸の内事務所

地下鉄 鶴舞線・桜通線
丸の内駅4番出口徒歩2分

岡崎事務所

JR岡崎駅 徒歩8分

愛知県名古屋市の労務,労働問題の経営者側弁護士|名古屋総合法律務所

メニュー

新型コロナウィルスと労働災害

弁護士 杉浦 恵一

はじめに

本年7月4日の日本経済新聞に、アメリカでは、いくつかの州で、州が定める新型コロナウィルス対策のガイドラインを順守していれば、就業時間中に従業員が職場で新型コロナウィルスに感染したり、来場した顧客が新型コロナウィルスに感染しても、企業はその責任を負う必要がないという「コロナ免責」の法律を議論している、という報道がありました。

一部の州では、既にそのような法律が成立していたり、州知事令が出されたりしているということです。

このような、就業中や職場、店舗での新型コロナウィルス感染に対して、一定のガイドラインを順守していることを条件につけたとしても、事業者の責任を免責するということであれば、事業者としては、紛争リスクが減り、金銭的・時間的なコストを軽減することができそうです。

新型コロナウィルスと労働災害

衛生面注意

日本では、最近、新型コロナウィルスへの感染が労働災害として認められ、労災給付が受けられたという報道が出ています。現時点では、厚生労働省によって発表された取扱いにおいて、医療従事者であれば業務外で感染したことが明らかである場合を除いて労働災害に認定されるようです。

医療従事者以外でも、感染経路が特定されていて感染源が業務に内在していたことが明らかに認められる場合には労働災害に認定されるようです。例えば、飲食店などの接客業で、新型コロナウィルスに感染した人が来店し、接客中に感染したという場合には、労働災害として認定されそうです。

新型コロナウィルスの場合、感染力が強く、市中感染が広がると、どこで感染したか分からなくなりそうです。このような特徴がありますが、医療従事者以外で、感染経路が不明な場合、又は特定されない場合であっても、新型コロナウィルスへの感染の場合には、労働災害と認められることがあるようです。

その場合とは、複数の感染者が確認された労働環境下の業務、顧客等との近接や接触の機会が多い労働環境下での業務、といったことが想定されているようです。労働災害として認められれば、医療費が労災保険から支給されますし、一定の範囲で給料が支払われることになります。

しかし、労災保険で全ての補償が受けられるわけではありません。上に出てきたアメリカの「コロナ免責」の事例と同じく、日本でも、事業者は、職場で新型コロナウィルスに感染した労働者から訴えられる可能性があります

労働災害に関しては、以前から職場の「安全配慮義務違反」があった場合に、慰謝料など労災保険では賄われないものが請求されることがありました。

安全配慮違反とは

安全配慮義務」とは、労働者が、安全、健康に労働することができるように配慮する事業社の義務のことであり、以前は裁判例上で認められていましたが、労働契約法第5条にも記載されることになりました。

安全配慮義務に違反するかどうかは、雇用主が、発生する事故等を事前に予見できたかどうか、予見できたとして回避できたかどうか、が問題になります。

このような安全配慮義務に違反した場合には、起こった労働災害によって労働者に損害が発生すると、雇用主に対して、慰謝料などの請求がされる可能性が否定できません

新型コロナウィルスの場合、職場でマスク禁止にしたり、手袋禁止にするなど、従業員が予防対策を取ることを妨げるようなことがあれば、安全配慮義務違反に反するのではないかと思われます。

これを超えて、どこまで積極的に感染対策をしなければならないかは、新しい問題なので何とも言いにくいところがありますが、三密(密閉、密集、密接)を避けるということが強調されてていますので、職場の換気をしないようなときは、場合によっては安全配慮義務違反に問われる可能性もあります。

最後に

今後、新型コロナウィルスの性質が判明したり、さらなる具体的な対策、ガイドラインが出てきた場合には、それに従わないことをもって安全配慮義務違反に問われる可能性がありますので、注意が必要でしょう

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!

相談のご予約はこちら お気軽にご相談ください! 052-231-2601  受付時間 : 平日 9:00~18:30 お問い合わせはこちら

電話・オンライン相談はじめました

名古屋総合法律事務所のご紹介

労務問題教室

労務ブログ

労務チーム紹介バナー

サブコンテンツ

メインコンテンツ

事務所概要

【名古屋・丸の内事務所】
〒460-0002
名古屋市中区丸の内二丁目20番25号
メットライフ名古屋丸の内ビル6階(旧丸の内STビル)
地下鉄桜通線 丸の内駅の東改札より
徒歩2分

【岡崎事務所】
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字貴登野32-1
丸五ビル1階

相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00

TEL 052-231-2601 FAX 052-231-2602

アクセスはこちら

事務所外観

【名古屋事務所】

事務所外観

【岡崎事務所】

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、労務問題の取扱案件の対応エリアを、下記の地域に限らせて頂きます。
【取り扱いエリア】
愛知県西部 (名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))
愛知県中部 (豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

Copyright © 弁護士法人 名古屋総合法律事務所 All Rights Reserved.
運営管理:弁護士法人 名古屋総合法律事務所  所属:愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)

弁護士の法律相談・法務相談、司法書士の登記相談・登記手続一般 〒460-0002  名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 メットライフ名古屋丸の内ビル6階(旧丸の内STビル) TEL:052-231-2601 FAX:052-231-2602
■提供サービス…交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産
■主な対応エリア…愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)) 愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市, 大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町)) 三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町)) 三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市) 静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)