団体交渉、解雇問題などの、使用者側の労務問題を弁護士が解決! 団体交渉、労務問題なら名古屋総合法律事務所へ

名古屋の弁護士による労務問題相談

052-231-2601 | 受付時間 平日 9:00~18:30
  • HOME
  • 労働問題・労働事件専門チームのご紹介

労働問題・労働事件専門チームのご紹介

労務問題は、経営者、人事労務担当者にとっては、時間と労力を費やすことなり、頭を悩ませる問題です。また、日々の業務とは別で対応をしないといけませんので、時間がとにかくかかります。

労働組合対応、とりわけ相手が合同労組・ユニオンとの団体交渉の場合は背景や事情把握・対応検討のために社内的にも迅速な対応が求められます。
これらの労働組合との団体交渉は、繰り返し団体交渉を求められたり、要求に対する回答や資料の提供を強く求められることが多く、要求内容の解析・検討・資料準備など迅速対応が必要です。

また、最近増加しています個別労働紛争の解決の手段である裁判手続きのうちの「労働審判事件」の場合、原則として最大3回の期日で終結する手続です。そのため、労働審判事件では、第1回期日には1回全力勝負の覚悟で、万全の準備をもって臨むべきことが求められ、人事労務担当者の方への負担は一時期に集中します。

しかし、これら合同労組・ユニオンとの団体交渉や労働審判事件で、相手方の主張・立証を予測し、事前にそれに対する適切な対応・反論を行う準備をするのは難易度が高い作業です。それを、自社内だけで対応しようとすると時間が圧倒的に足りないのです。

これらに適切に対応するためは、組織・チームとして幅広い知識と専門性、豊富な経験が求められます。

名古屋総合法律事務所では中小企業法務と労務問題に30年以上の実績のある経験豊富な代表弁護士のもと、

・精緻な案件分析に秀で労働事件・団体交渉の経験豊富な中堅弁護士
・3年の企業内弁護士の経験のある弁護士
・論理的展開に優れ冷静沈着な女性弁護士
・情熱の熱い体力のある新進気鋭の弁護士
・就業規則に強い社会保険労務士
・経理・賃金計算に強く資料解析力のある社会保険労務士

からなる『労務問題・労働事件専門チーム』が、対応するため、十分な準備をしたうえで、団体交渉や労働審判の期日を迎えられます。

労働問題は精通した弁護士・社労士からなる専門チームに依頼することで、問題発生後の更なる事態の悪化、団体交渉や労働審判での無用な不利益な事態を防ぐことが可能となります。

当事務所の『労務問題・労働事件専門チーム』は、愛知・名古屋の中小中堅企業の皆様さまの持続的発展・成長のために最善を尽くします。

名古屋総合法律事務所の『労務問題・労働事件専門チーム』が迅速に解決へと導きます。
ご相談・ご依頼ください!

代表弁護士 浅野 了一

所長

私は弁護士として30年間以上に渡り、中小・中堅企業の様々な経営者と人事労務担当者の方々をサポートしてきました。
その中には、実際に問題が起きてから、
「問題が起こる前に対策を講じていれば・・・」
「顧問社労士はいるが、紛争事は嫌いで経営者側かどうかわからない。」
「顧問弁護士はいるが、やっかいな団体交渉は引き受けてもらえない・・・」
「顧問弁護士はレスポンスが遅くて、また労務問題にくわしくないし・・・」

と悔やまれる声をお聞きすることが多くありました。

労働トラブルを防ぐには、事前に労働契約や就業規則を明確に定めておくことがポイントです。 当事務所にご相談いただければ、調査やヒアリングで得られた情報に基づき、 労働トラブルを予防する法的に効果のある契約書や就業規則の作成をサポートいたします。

労務問題の予防・解決に役立つコンサルティング業務もお任せください。

弁護士 杉浦 恵一

杉浦弁護士

はじめまして。杉浦恵一と申します。

日々、中小・中堅企業の方や同族企業の関係者の方の相談をお聞きしておりますと、既に何かをした後で、その対処に困って相談される方が多く見られます。

その内容といたしましては、「契約を締結したが、後で条項の解釈が問題になった」、「口頭の約束で証拠が残っていない」などといった、事前相談をしていれば問題にならなかった、又は争いの程度が少なくなっていたような事案が多く見受けられます。

そのようなご不安をお持ちの方は、就業規則、雇用などの契約書のチェック、株式の問題、どのような契約書・合意書を作るかといったご相談をされることをお勧めいたします。

弁護士 岬 宏美

岬弁護士

1984年に愛知県高浜市に生まれ地元で育ちました。

岬宏美と申します。
2012年の弁護士登録から約3年間、神戸の会社で企業内弁護士として勤務しておりました。契約書作成・内容審査や法律相談、社内研修講師などが主な仕事です。

企業内では、法務部門というと「事業部門が進めようとしているビジネスにストップをかける部署」というイメージがあるようです。私は、法務部門が厄介な存在だと思われないよう、「ただNoと言うだけでなく、代替案を事業部門と一緒になって考える」ということを日ごろから心がけておりました。その結果、法務部門も、会社にとってより良い結果を導きたいという思いは共通していることを伝えることができ、法務部門の存在意義を理解していただくことにつながったと感じております。

これまでの企業での経験を活かし、経営者の方に寄り添い、一番求められているものは何か、何が一番良い結果となるのかを考え、実現します。ひとりひとりの方にご満足いただける仕事ができるよう、精一杯努めてまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

弁護士 塚本 菜々子

塚本弁護士

はじめまして。塚本菜那子と申します。
サービス残業の問題、就業規則や労使協定の不備、問題社員への対応・・・
労務問題の背景事情を把握せず本筋を見誤ると、社内外へ思わぬ波及を生じたり、会社運営に相当の悪影響を及ぼすことにもなりかねません。

中小・中堅企業特有の問題として、トラブルの相手が創業時からの仲間であったり、社内外で影響力をもっている人物である場合などもあります。

そんな中、積極的に中小・中堅企業のサポートを行う弁護士は少なく、しかも行政は「自助努力」を強調して中小・中堅企業への支援、特に労務問題・労働事件には、とても消極的です。
したがって、問題が顕在化してトラブルに発展してしまった時には、すでに企業側が厳しい状況にあると言ってよいでしょう。

中小・中堅企業は生き残るために、労務に関わる法律を駆使しなければならない時代です。

私は、依頼者の方に信頼していただけるような仕事ができるよう全力で努めてまいりたい所存です。

弁護士 小原 雅裕

小原弁護士

不要な労務トラブルを防ぐには、普段から問題意識を持って職場環境を観察するとともに、社内規則などを整備して足下をすくわれないようにしておくことが重要です。
また、解決に至るまでの手続きが適正に行われているかどうかも争点になります。

時には労働紛争闘争のプロと交渉することもあります。また、突然裁判所から期日呼び出し状と労働審判申立書や訴状などが届いたりすることもあります。

これらの問題に、経営者、人事労務担当者の方が一人で対応するのは、とても危険です。相応の準備もせず団体交渉を行うと会社にとって不利な内容の既成事実が形成されてしま恐れが大きく、今後の対応が非常に不利になります。

鋭い洞察力で相手の心理を読み、先手を打つことが必要です。労務問題を専門もしくは重点分野としている弁護士にまず相談してください。現状の分析、それに対してどのような対策が必要かを知ることが重要です。

私は分析能力を高め、スピード感を持ちながらも慎重に物事を見極めていきます。初動対応を見誤らぬように適切な判断を下して行きましょう。

社会保険労務士 岡田 恵子

岡田社会保険労務士

初めまして。岡田と申します。2005年より、社会保険労務士として、経験と実績を積み重ねてまいりました。
労務問題の拠りどころである労働諸法は、労働者保護の観点を重視しています。
また、積極的に中小・中堅企業のサポートを行う法律事務所は少なく、しかも行政は「自助努力」を強調して中小・中堅企業への支援、特に労務問題・労働事件には、とても消極的です。

したがって、問題が顕在化してトラブルに発展してしまった場合には、企業側が厳しい立場に置かれた状況から勝負が始まると言ってよいでしょう。

具体的な労務問題に関するご相談がございましたら、大きな問題となる前に当事務所へご相談ください。

社会保険労務士として、皆様に信頼され、責任を任され、感謝されることが何よりの私の誇りです。

「ヒト」に関わる専門家として、お客様の期待にお応えできるよう、誠意をもってサポートさせていただきます。

事務 富安

富安事務

大学卒業後、証券会社で営業をしておりました。
多くの方と出会い、お客様からのお悩みを聞くにつれて、人を救える仕事に携わりたいと考えるようになり、法律事務所に勤務し、法律の知識を深めるため、行政書士の資格を取得致しました。

企業とひとくちに言っても、経営は様々で、ひとつとして同じ環境、条件はありません。すべての企業がそれぞれの特色をもっております。

経営者様の置かれているお立場は、ともすれば孤独で、おひとりで状況に対処するのは非常に決断力が必要です。 混みいった諸問題を、たった一人で抱え込んではいけません。1人で悩むのはとても辛いですし、1人で道を切り開くのもまた難しいです。

専門家である私たちのチームが、お気持ちに寄り添ってご一緒に解決方法を探っていきます。

丸の内駅 徒歩2分 労務問題に関するトラブルは弁護士法人名古屋総合法律事務所へご相談ください。 052-231-2601 相談の流れはこちら 受付時間 : 平日 9:00~18:30 夜間相談(毎週火・水曜日) 17:00~21:00(最終受付20:00) 土曜相談(毎週土曜日) 9:30~17:00(最終受付16:00)

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!

 ◆ はじめての方へ  ◆ ご相談の流れ  ◆ 事務所紹介
 ◆ 弁護士・社労士等紹介  ◆ 料金・費用  ◆ アクセス

相談のご予約はこちら お気軽にご相談ください! 052-231-2601  受付時間 : 平日 9:00~18:30 お問い合わせはこちら

名古屋総合法律事務所のご紹介

労務問題教室

労務ブログ

労務チーム紹介バナー

事務所概要

〒460-0002
名古屋市中区丸の内二丁目20番25号
丸の内STビル6階
地下鉄桜通線 丸の内駅の東改札より
徒歩2分

相談時間 平日9:00~18:30
 夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00

TEL 052-231-2601 FAX 052-231-2602

アクセスはこちら

事務所外観

事務所外観

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、労務問題の取扱案件の対応エリアを、下記の地域に限らせて頂きます。
【取り扱いエリア】
愛知県西部 (名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))
愛知県中部 (豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

Copyright © 弁護士法人 名古屋総合法律事務所 All Rights Reserved.
運営管理:弁護士法人 名古屋総合法律事務所  所属:愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)

弁護士の法律相談・法務相談、司法書士の登記相談・登記手続一般 〒460-0002  名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL:052-231-2601 FAX:052-231-2602
■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産
■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)